MENU

ギデオンのカード情報と使い勝手

2020 4/26
目次

ギデオンの基本情報

カードの能力

※Level1の時の数値になります。

移動タイプ 地上/低速
攻撃タイプ 広範囲近距離攻撃/地上
パッシブ:跳躍気絶攻撃 気絶時間:3秒
ダメージ:276
スキル:ギデオンの介入 維持時間:3秒
気絶時間:3秒
HP 1925
攻撃力 184
攻撃速度 1.3
カードの色

ギデオンの能力

無敵の肉体を持つ正義の戦士。
一定時間移動すると敵のもとに跳躍して
広範囲ダメージを与え、ノックバックさせる。

ギデオンのフレーバーテキスト

「無敵」など言葉遊びに過ぎん。

ギデオンの使い勝手

高いHP、優秀な攻撃範囲、強力なパッシブスキル、更に扱いやすいスキル:ギデオンの介入とスキの無い構成でまとまっています。

比較対象として同じく白のPWであるアジャニと比べられますが、HPの高さとスキルの違いで大きく差別化がされています。

味方を守ることに長け、高い攻撃力を誇るアジャニと、相手の攻撃を誘導し、気絶が狙いやすいギデオンと言った感じです。

どちらも一長一短のため、使い分けるかたちになりますが、『白単のデッキを触ってみたい』ぐらいの動機であれば態々ギデオンを買わずにアジャニを使ったほうが良さそうです。

ギデオンの長所を考えた上で組みたいデッキと合致したら購入しましょう。

跳躍攻撃は5秒ほど歩く必要があるため、連戦時は発動しません。

ギデオンの強い点

  • PW単体性能としては非常に高い
  • 跳躍攻撃+気絶が強力であり、弾幕などが薄い状態であれば1人で吶喊可能。
  • スキルのギデオンの介入は、敵のターゲットを強引に奪うことが出来るため、自陣のタワー防衛や味方のアタッカーを守るなどの使い方が可能

ギデオンの弱い点

  • 白デッキ全般の問題ですが、カタパルト苦痛の領域に弱い
  • HPの高さや気絶などの効果はある物の、アジャニのような味方へのバフがなく、団体編成で挑むならアジャニのほうがお手軽
  • 白単であり、混色と比較して扱えるカードプールが狭い。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる