MENU

召喚日記 7日目 少しマイナーなキャラが良い!

2020 3/25
目次

マイナーデッキで遊びたい

当たり前の話ですが、勝つと嬉しい・負けると悔しい…。

なので、メインのアカウントでは完全にガラクデッキに全振りしています。

※3/25のアップデートでガラクデッキのメインパーツとなるガラク・極楽鳥・カタパルト・怨恨などのカードの弱体化が確定しています。

ガチで強さを求めるのも面白いのですが、せっかくマジック・ザ・ギャザリングの世界で楽しむなら、「いろんなカードを使ってみたい!」

強さはガラクに任せて、最近サブアカウントの方ではギデオンの購入や、メイン垢では触れてこなかった色を触ろうと思い、プレイしています。

ギデオンの場合

サブアカウントは、アジャニ→ギデオンとデッキを強化しています。

集団で部隊を組み、魂の聖別者を組み込むことで、デスマーチ→魂までも利用する社畜根性デッキです。

使い勝手は良好で、使っていて楽しいデッキだったのですが、苦痛の領域に脆すぎる欠点がありました。

ただ、普段使わないカードを触っていると新たな発見があります。

白デッキの目玉となる目潰しさん。

使われると「うぜええええ!」との感想を持ちますが、使う側に回ると

「あwこれ癖になるわ…」と、爽快感のあるキャラクターです。

ふと、目潰し中心の小柄なクリーチャーを高速で使い回すデッキを組みたい…そう考えると極楽鳥・目潰しを中心としたカリックスデッキを作りたい衝動に駆られました。

ヨワスギズ・ツヨスギズ

白デッキを使うと思うのが「マナが足りねえ…」そんな訳で、弱点を克服するために極楽鳥を積み、コスト問題と対飛行に強いデッキを組みたい!

そんなコンセプトで作ったのがこちら

アジャニ→ギデオンの場合、両方とも白で統一されており、キーパーツが共通のためすぐに強さを実感できました。

でも、カリックスの場合緑のカードが未強化の為強さを楽しむにはもうしばらく掛かりそうです。

ちょっとワクワクしながらレベル上げをしていた最中、『極楽鳥ナーフ(弱体化)するよ』

あれ…?コンセプトが崩壊する音が聞こえた気がしました。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる