MENU

召喚日記 2日目 読むだけじゃ解らない強さ

2020 3/04

真剣に遊び始めて約1週間、ひとまずカード一覧の性能を書き出しました。

ゲームを理解する上で、遊ぶことは最重要ですが、それと同じレベルで重要なのが「テキスト」をしっかり読むことです。
例えば「コーの絡め捕り」のカードですが、正直なところ…テキストを読むだけだと強さがピンときていませんでした…。

目次

「コーの絡め捕り」の強さ

コーの絡め取りの数値的な魅力は、カード個別で今後説明する予定です。今回伝えたい一番のポイントは「地上の敵を自分の前に引き寄せる効果」です。
リアルタイムストラテジーゲームをあまり遊んでこなかったため、初めはこのカードの強さが判らなかったのです。
相手クリーチャーを、自分にとって有利な場面へ引きずり出せるのは強力です。

「コーの絡め捕り」は白のクリーチャーのため、シールドデッキを除いて白の色を持つPWでなければ使用できませんが、白が使える環境でしたら積極的に採用したいカードです。

例えば「味方の多いエリアに引っ張れる」というのは、ガーディアンの防衛にも使えますし、優先して倒したいファッティや相手の強力な呪文や効果から引き離すことができます。
しかし、テキストを読んだ私は、「なんだ・・・ただ移動させるだけか」っと、とんでもない評価を下していました。

上手いプレイヤーに使われると、その嫌らしさがよく分かるカードです。

なお、テキストはしっかり読みましょう。「地上の敵を自分の前に引き寄せる。」空中にいる敵には効果はありません。
シブ山のドラゴンにコーの生贄を捧げたプレイヤーは私一人で十分です(ヽ´ω`)

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる